プロフィール

click > pdf(A4×2)

どこかで見たような住宅ならば、情報誌片手にこんな感じ、あんな感じと伝えられるが、いただきものでは愛着も続かないだろう。また間取りや収納といった機能的な問題については、工夫をすればなんとか解決できる。それにひきかえ自分の「夢」を言葉にするのは、照れくささもあってか意外と難しいものだ。設計者に伝えるのはもっと難しい。肝心なのは無茶かなぁと思っても、きちんと整理されていなくても、思いきって投げかけてみること。対話のなかからできるだけ多くを感じとり、言葉の断片をつなぎあわせて現実の形にすることが私の仕事なのだから。   乗富 久哉 - 掲載誌「Memo」より