大覚寺

                       
        -click    
                -click    


大覚寺:真言宗大覚寺派大本山。右京区嵯峨野大沢町。
□本尊:五大明王(般若心経)。開山:恒寂入道親王、開基:正子内親王(嵯峨天皇の長女、淳和天皇の皇后)。創建:876年(前身は離宮「嵯峨院」)。
□文化財:<重>宸殿(1619、東福門院の女御御殿を17C後下賜)。正寝殿の嵯峨蒔絵(帳台構の框)、「紅白梅図・牡丹図(狩野山楽、宸殿襖絵)、「野兎図(渡辺始興、正寝殿)」、五大明王像(明円)。<名勝>大沢池(巨勢金岡)。


 「京都建築定規」では大徳寺誕生の起点を、支援者であった後醍醐天皇ゆかりの大覚寺と想定しています。そのためNo.002の公開。
 前身は平安初期、嵯峨天皇の離宮です。当時、空海や最澄ら優れた留学生の影響もあってか天皇は唐を尊び、儀式の服装は中華風、漢文学が主流と、和風にとっては暗黒時代。その後わけあって寺院として再興しますが、平安時代の住居形式である寝殿造の名残が随所に見られます。人口の庭池を中心に据えた建物配置、繊細な構造部材のプロポーション、窓に蔀都(しとみど)、広々とした一室空間には几帳(きちょう)や帷(とばり)が間仕切りとして利用されました。
 龍頭船の浮かぶ月見の宴、嵯峨菊の寺としても知られる皇室ゆかりの雅な建物ながら、歴史的役割となると事情は少々複雑です。鎌倉時代、当初は朝廷の西国、幕府の東国と互いの距離を保っていた勢力範囲も、元寇を境として外圧に対する防衛を迫られ、武士の権力は西へ西へと拡大します。次第に財源の乏しくなった皇室は後継者選びもきしみはじめ、幕府の仲介で大覚寺統、持明院統が10年ごとに交替する両統迭立が定められました。しかも甥が皇位につくまでの中継ぎとして即位してしまった後醍醐天皇の不満は幕府へ向かい、我が子へ皇位を継承しようと2度の御謀反、島流し、倒幕を経てついに南北朝は分裂してしまいます。
 さてどちらを支援したものか、有力者の対立は日本各地に及び、後の応仁の乱、戦国時代へと連なる不穏な構図が形成されていきました。


□撮影:2004/2015/2016
□関連:東三条殿跡(藤原良房邸跡)-平安京大極殿跡-羅城門跡-仁和寺(御室御所跡)-厳島神社-光照院(持明院仙洞御所跡)-大徳寺-泉涌寺雲龍院

The Architectural Scale of Kyoto:002