大徳寺1 本坊

-click                    
               
                -click    


大徳寺:臨済宗大徳寺派大本山。北区紫野大徳寺町。
□本尊:釈迦如来。開山:宗峰妙超(大燈国師)、開基:赤松則村。創建:1319年(小庵「大徳」)。
□文化財:<国>唐門・玄関・方丈(1635)、<重>勅使門・金毛閣・本堂(仏殿、1665)・法堂(1636)・庫裏、<特名>方丈庭園。

 禅の名刹、「大徳寺の茶面」と称される茶道との関わり、侘びさび、一休さんの寺...様々な形で語られてきた臨済宗大本山。これほど人を惹きつける寺院がなぜ、洛中や江戸ではなく、かつて風葬の地であった都の辺境、紫野(蓮台野)に誕生したのでしょう。
 樹木に埋もれ境内の端に片寄る伽藍配置、参道の正面を遮るように建ちならぶ塔頭、狭い広場や屈曲して見通しの効かない路地、そして侘びた境内に不調和な朱塗りの二重門「金毛閣」。町に開かれた寺院というより、どこか訪れるものを阻み防御を優先したかのような境内は類のないもの。「市中の山居」にふさわしい濃密な景色が展開します。小論「大徳寺金毛閣の謎」にも記していますが、拝観の折、ぜひ23ヶ寺もの塔頭の開基(盛期には50ヶ寺超。高僧に帰依し塔頭の創建を支援した檀家)と全体の配置計画を眺めてみてください。南北朝から織豊時代にかけ、アジアでも稀な中世動乱期にあって、驚くような寺院の形成過程が浮かびあがります。
 和風って何?これからどこへいくのだろう...研究の出発点にもなった思い入れのある建築です。


□撮影:2004/2007/2008
□関連:三千院-大覚寺-延暦寺-足利学校-鑁阿寺-姫路城-笠置寺-吉野水分神社-妙心寺-天龍寺-地蔵院-酬恩庵-南宗寺-千利休邸跡-山科本願寺跡-毘沙門堂-本圀寺-西本願寺-聚楽第跡-指月伏見城跡-豊国神社-本法寺-二条城 (リンク先はただいま準備中です)

The Architectural Scale of Kyoto:001